お金

お金の不安で絶望的だった私・・・立ち直るために最初に取り掛かったこと

こんにちは、sakuraです

 

お恥ずかしながら、この歳になるまでお金の管理が全く出来ていなかった私は

 

一昨年、その状況に追い打ちを掛けるように、投資やMLMにお金を注ぎ込み、

 

毎月の支払いが厳しくなり、クレジットカードを分割払いにし、

 

さらにはリボ払い、挙句の果てはキャッシングにまで手をつけてしまっていました。

 

そんな金銭感覚ダメダメだった私も、

絶望的な状況から一年経って、ようやく現在、毎月わずかながら貯金が出来るようにまで立ち直れました。

今日は、

sakura
sakura
お金の不安で絶望的だった私が立ち直るために最初にしたこと

について、恥を偲んでお話しますね

 

 

寝ても冷めてもお金の不安でいっぱいでした

 

過去に私は、知人の甘い誘いに乗っかり、投資や自己啓発、MLM、FXと、次々と手を付けてしまい、

 

今考えると馬鹿だなと思う行動をしていました。

 

にも関わらず、毎月いくらお金を使って、いくら出ていっているのかも把握していませんでした。

 

何の知識もなく、誘われるがままFXに手を出してしまった私。

 

最初はお金が増え喜んでいたのですが、それがギャンブル的だったこととも理解せず

 

相場の荒波に飲み込まれ、最終的に大きなお金を一瞬で失って退場してしまいました。

 

息子2人とも県外の大学に進学し、子どもにも一番お金がかかる時期

 

貯金も使い、2人の大学の授業料の振込に、カードの支払いもやってくる・・・

 

その時の私には支払う手段がなく、リボ払いやキャッシングに手を出してしまいました。

 

その時体験したリボ払い・キャッシングのカード利用利息の恐ろしさ!!

 

リボやキャシングの利息はなんと年利14%!!!

 

毎日数十円単位で利息が増えていくのを目の当たりにしてゾッとしました

 

自分の愚かさにようやく気づき、そこからお金と真剣に向き合うように

 

どうにも身動きが取れなくなり、寝ても覚めてもお金の恐怖でいっぱい。

 

主人にも打ち明けることも出来ず、

 

情けないことに実母に助けを求めお金を借り、その状況から抜け出すことが出来ました。

 

この歳になってまで母に心配をかけてしまったことが心苦しく、今も毎月借金は母に返済中です。

 

母に借りたお陰で、リボ払いとキャッシング期間は2,3ヶ月で済みましたが

 

あんなに恐ろしい経験はもう2度としたくない、もう、馬鹿なことにお金を使わない!!と誓い、

 

そこから真剣にお金と向き合うようになりました。

 

お金の管理が出来なかった私が最初に取り掛かったこと

 

お金の支払いに追われていた当時も家計簿をつけていたのですが、

 

ただ使ったお金を書いているだけで、収支は計算出来ていないし、家計簿とは到底言えたものではありませんでした。

 

そこから家計簿の付け方もSNSなどから情報を収集しては真似をして

 

ようやく最近になって収入も支出も金額が一円単位でピッタリと合う家計簿が付けられるようになりました。

 

家計簿を付けるようになってお金との向き合い方が変わった

 

家計簿を付けるようになり、今までどれだけ無駄なことにお金を使っていたんだろうと改めて愚かさに気づきました。

 

今まで私がお金を使っていたのは

・もっと贅沢な暮らしをしたい

・他人から良く思われたい

という、自分の欲望やエゴを満たすため・・・

 

そのくせ、支払いでお金が出ていく度に「お金が減っていく・・・」とネガティブな感情を乗っけていました。

 

お金にネガティブな感情を乗せてしまう原因は、

 

お金は出ていくもの、失うもの

 

という気持ちが根底にあったから

 

なぜそう思ってしまうかと言うと、

お金のことをきちんと把握していなくて、漠然とした不安を持っていたから

 

だと思います。

 

人は見えないものや全体像が分からないものって、不安や恐怖を感じます

 

お金に対しても一緒で、把握出来ていないと不安になってしまう

 

怖いからまた見て見ぬふりをしてしまう

 

私も以前はそうでしたが、家計簿をきちんと付けられるようになり

 

毎月黒字を出せるようになったことで

 

漠然とした不安から、お金を使う時の感情も少しずつコントロール出来るようになりました。

 

今では家計簿を眺めることが趣味みたいなもので、楽しくなっています^^;

 

お金とは?

 

よく、成功している人が

 

お金は愛情とか、感謝を形にしたものとか出ても入ってくるものと言うのを聞きますが

 

今までの私は、頭では分かったつもりでも

 

心の底からはそう思えたことがありませんでした。

 

お金は出ていったら入ってこないし、自分に使いたい、と

 

でも、家計簿を付けるようになり、お金の流れがわかるようになると

 

働いた分、お金をいただけるありがたさや

毎日働いてお金を稼いできてくれる主人へのありがたさ

親が子ども達にくれるお年玉やお誕生日のお祝い

 

などなど、今までも数え切れない愛のカタチとしてお金が入ってきていたんだなと思いました。

 

そんなみんなから受け取った愛のカタチを大切にし

 

自分がお金を出す時も、愛や感謝の気持ちで使いたいなと心の底から思えるようになりました。

 

誰にも話したくない私の情けないお金の失敗談ですが、

 

お金の不安でいっぱいで絶望的だった私も、一年でここまで心も状況も改善したので

 

もし、今お金の不安でいっぱいで夜も眠れない状況の人に、少しでも勇気づけられたらいいなと思います。

 

当時の私も、「借金から貯金」とネットで検索し、その時発信していた方のブログを読んで、勇気づけられていました。

 

発信してくれていた方にも、心から感謝です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました

-お金